誕生日

  • 2014.04.26 Saturday
  • 00:08
今日は、37歳の誕生日でした(*´∀`*)

午前中は整骨院にいき、その後実家で過ごしました。

昼からは、娘のお稽古事に行き

夜は、家族3人で、前から行きたかったイタリアンレストランに行ってきました。




夫と娘にお祝いしてもらいました〜(*´∀`*)

そして、夫からは可愛い花束をもらいました。



家族と迎える誕生日、みんなが健康で一緒にいれること、これが一番の幸せです。


テーブルコーディネートベーシックコース卒業

  • 2014.02.19 Wednesday
  • 22:39
一年間、丸山洋子先生のテーブルコーディネートベーシックコースにかよっていました。

丸山先生は大好きな先生です!!

テーブルコーディネートだけでなく、それぞれの才能を活かし、活躍できる道を一緒に探してくださいます。
一人一人の成功を心から祈ってくださいます。

沢山の勇気をもらいました。

このレッスンに参加して本当によかった!

ここでは素敵な友達も沢山できました。

最終日のレッスンは、「プランドゥチェック〜自己実現をめざして〜」
丸山先生を囲んでトークセッションでした。

それぞれが、自分の売り、そして自分の夢を発表しました。

私も、自分の夢がリアルになってきたこともあり、発表してきました。

「20代なかばに色々とありまして、精神的に病み、うつ病と診察されました。
その時から絵や詩を描き始めました。
はじめは心の闇を吐き出すように創作していましたが、一つ一つ乗り越えていくと
同時に、絵に希望があらわれていきました。
30代に入り、絵を社会にだそうという意欲がわいてきました。
公募展に出したり、新人作家のアートフェアに出展したりしました。
すると、絵が売れていきました。

現在、2歳になる娘がおり、育児と家事に追われる毎日ですが
私は、主婦だけではなく、社会に出て活動していきたいと強く思っています。

昨年は、個展を開くことができ、大きく飛躍できた一年でした。

私は美しい世界が好きです。
心の試練を乗り越えた時に広がる美しい世界を私は描きたいと思っています。
日本に生まれ、現在、健康で金銭面でも安定した生活を送ることができています。
しかし、人は幸せを求め続けます。
愛する家族、気の合う友達、そして美しいものに囲まれ、心が満たされた生活を送りたいと思います。
私は、人の心を癒やし、希望を伝える、そんな世界を映し出す絵画を描き続けていきたいと思います。
そして、それらを世界に提出していきたいです。

また、世界で活躍し、成功されている方と沢山出会うために、私自身日々成長していきたいです。
そのために、マナーを身につけ、またおもてなしの基礎を学んで行きたいと思います。

自分自身が成長し続けるためにインプットをし続けていきたいと思います。
それは、本を読むこと、美しい自然を見ること、自分が尊敬する友達と共に時間を過ごすこと、
そして、自分がどういったビジョンを持ち成功していきたいのか、
ぶれることのない方向性を日々確認し、リアルにイメージすることです。

そして、絵画を通して、富裕層には研ぎ澄まされた美の世界を提供していくこと
一般の消費者には、分かりやすいもの、癒やし、生活を楽しめるようなグッズを
提供していきたいと思っています。
絵画制作、絵画販売、印刷絵画、雑貨、器、ステーショナリーグッズ、
詩集、詩画集、画集、絵本、なども制作していけたらと思います。

美しいものに囲まれ、学び続け、そして人に提供していく、そんな幸福な人生を送りたいと思います。」



レッスン後は、この教室で仲良しになった素敵なお友達と
神戸オリエンタルホテルでランチを一緒にしました。



とっても素敵なレストランでした。



コースに出てきたクリームパスタがあまりにおいしくって、まさかのおかわりをしました(^^)

それも、メイン食べて、デザートが出てきたときに
あとで後悔したくない!と思い、 お店の方にお願いしました(*´∀`*)





とっても幸せな時間でした♡♡

ユニバーサル・スタジオ

  • 2013.12.18 Wednesday
  • 07:28
家族でユニバーサル・スタジオ・ジャパンに行ってきました。
天気は曇り。 
でも12月にしては、そこまで寒くはありませんでした。



ユニバは久しぶり。 子供ができてからはじめてでした。



ジュラシック・パークの前を通ってたら、恐竜があらわれてびっくり!!
近くまで恐竜が来てくれてとっても楽しかったです!





あとで知ったのですが、一日に一回のイベントらしく、たまたまその時間に
その前を通ったので、ラッキーでした。
すっごく興奮して、娘はパパにあずけて、一人で追いかけてずっと写真を撮りました。


夜のショーがはじまるらしく、ステージの前に沢山の人が集まってきてました。
子供がいるので、同じ場所で待つのは難しく、後ろの方で立見しました。
でも、すっごくすっごく良かったです!!!
次回は、観覧席のチケットを買いたいです。







ツリーは、お空に届きそうなほど高く、すっごくキラキラしていました。
「一生に一度、必ず見ておきたい」と思うツリーランキング第1位に選ばれた
ツリーだそうです。



すごかった〜〜〜!
また、来年も見に行きたいです(*´∀`*)

発表会

  • 2013.12.09 Monday
  • 07:52
娘が通っている幼児教室の発表会に行きました。

小さな子どもたちがステージで、踊ったり歌ったりする姿はとてもかわいかったです。





「きらきら星」や「青い空」を歌いました。






大好きな、先生と、みんなで写真を撮りました。



子供を通して素敵な出会いが沢山あり、いつも元気をもらってます。

秋の散歩

  • 2013.11.30 Saturday
  • 11:13
とっても寒くなってきて、家で過ごす時間が増えました。

これは、少し前の秋に、娘と一緒に公園に散歩に行った時の写真です。

光景がとても綺麗でした。





赤い葉っぱの上を音を立てて歩くのが楽しくて
どんぐりや葉っぱをかばんに入れたり

自然と人のコラボはいいですね。

クリスマス

  • 2013.11.26 Tuesday
  • 19:06


クリスマスのお花をつくりました。
マツカサやヒバを使ったアドベントアレンジです。


我が家でも、クリスマスツリーを飾りました。
今年はもうすぐ2歳の娘も一緒に飾り付けをしました。





お部屋がクリスマスらしくなりました!

ペトロフピアノ

  • 2013.10.11 Friday
  • 17:59
先月、岡山の「浜松ピアノ」さんに行き、ピアノを購入してきました。
ヨーロッパ製(チェコ)の「ペトロフ」のピアノです。
白に金の模様が入ってて、とても可愛いピアノです。




このピアノを見たとき、白くて変わってるので、どうなんだろう?と悩みましたが
家にきたとき、あ〜このピアノにして本当によかった!と思いました。

音色がすごく綺麗で、ふわっと軽いかんじ、透き通った音で、私は大好きです。

私は3歳から20歳までピアノをならっていました。
毎日必死で練習したわけではないので、プロ並に弾けるわけではありませんが、
ピアノは大好きです。

子供の時に、両親が私にヤマハのピアノを買ってくれ、それでずっと練習していました。
20代になって私は一人暮らしをしたので、ピアノからは離れていましたが、
結婚して、家を建て、またならうようになりました。
知り合いから弾かなくなった、カワイのピアノをいただき、最近までわが家の二階にありました。

そして、先月、わが家に夢だったドイツのピアノがやってきました。
いつでも弾けるように、ダイニングに置きました。

うれしい(*´▽`*)

仕上がっていない、練習中の曲でも、音色を聞くだけで癒されるので、
長い間練習することができます。
ピアノを弾いていると、心がすーっとします。

ピアノ、音楽は、私にいろんなことを教えてくれています。
いま、こうやって絵を描けるのも、ピアノの影響は大きいと思います。
美しく調和された世界を知ることができました。
また、小さい努力の積み重ねで、大きなものをつくることも教わりました。

芸術は、私にとって生きる希望です。

娘にもその喜びを知ってほしいな。





ボタンの花

  • 2013.04.30 Tuesday
  • 06:28
親戚の伯母が、少し前に、ボタンの鉢を数個送ってくれました。
その花が、庭でポンポンポンポンと、沢山咲き、我が庭はとても華やかになりました。




私は、牡丹の花がとても好きです。

力強く美しく、見ると、眠っていた心の一部が
全く無防備に目を覚まし、喜び、感激する。






牡丹の花は、日本画家の絵のテーマになってきたのがよくわかります。

私は、まだこの偉大なお花をテーマに描く勇気が湧きません。
でも、いつか描いてみたいなと思っています。






花びら一枚一枚が、繊細で美しく、
顔を近づけ心を澄ますと、美の粒子が優しく胸に入ってくるようです。





このお花の、尊大さに比べると、私なんて、本当にちっぽけなのに
でも、卑屈になることなく、私にも自信を与えてくれる。

こんな美を合わせ持った女性になりたいなあ。 



牡丹の花に、小さな蜂がやってきました。

花粉を足につけてとても可愛い。





私達のすぐ近くには、こんなに素晴らしい世界が存在している。

偉大なものは、あえて自分を大きく見せようとはしない。

ひっそりと、ただただ、そこに在り、生を喜んでいる。





今日もまた、胸張って生きよう。
1日を喜びに満ちたものにしよう。
小さなものをコツコツと創り、大きなものに繋げよう。

そんなことを教えてくれる牡丹です。


家族で白浜旅行にいきました。自然と動物と触れ合う幸せ。

  • 2013.04.20 Saturday
  • 19:26
家族で白浜旅行にいってきました。

私がいま住んでいるところも、山がそばにあり田舎ですが
白浜は海も近く、ほんと自然を近くに感じることができて、気持よかったです。

2日間の家族旅行でした。
1日目は夕方くらいに旅館につき、ゆっくりして、
2日目は白浜アドベンチャーワールドにいきました。



海のそばの旅館にとまりました。
波の音がきこえて、空も近くて幸せなところでした。

貸切風呂は山道を通っていきます、沢山の草木のいいにおいがしました。




私は最近、いろんなものに語りかけるようにしています。
すると、それに優しく応えてくれるのを感じるからです。

空にも、葉っぱにも、お花にも、空気にも。

旅館の中庭にあった、美しい光景。
月に照らされている松の木です。

この松の木、そしてそのまわりの空間は、人の心を持っているかのようでした。



次の日も、旅館のなかのお庭を散歩しました。




夜は閉じていたお花が、太陽が出て光にあたると、可愛らしく
ポンポンポンと開いていました。



黄色は幸せの色、可愛い。 



可愛いねと声をかけると、「でしょ? ありがとう」と応えてくれているかのようです。



静かで綺麗な場所に、文殊菩薩の象がありました。

「三人寄れば文殊の智恵」「学問の文殊様」と昔から親しまれる文殊菩薩。

中国の五台山が聖地とされ、実在の人物らしいです。




この御方はどんな世界に住んでいたのだろうなあ。

座られていた獅子がなんともいえない表情で、私は心がキュウんとなりました。




私たちは望めばどんな世界にもいける。

世界は美しい。 
昔から人々が求めている世界、哲学であったり学問であったり宗教であったり、
真理ともいう世界。
沢山の扉を一個一個開き、世界を訪れ、滞在し、永住していた人も
きっといるに違いない。
その美を、その賢を、その叡智を、私も、知りたい。感じたい。

文殊菩薩を見て、そんな欲求、希望が私の心のなかで膨らみました。

☆☆☆彡

昼前からは、近くの白浜アドベンチャーワールドにいきました。

1歳3ヶ月になる娘は、動物が好きです。
私が動物が好きなので、家では動物のフィギュア、図鑑、絵本を見せるようにしています。

私の絵に「パンダ」を描いていて、それを覚えていて、「パ」「パ」と喜ぶので
本物の動物を見せたいなあと思い、ここに来ました。

パンダを実際に見た娘は、想像以上に喜んでました。




パンダの親子がじゃれあっている光景も見れて、それを見た娘は大興奮。



私に、「ママ、ママ」とパンダの親子を真似して抱きついてきて
「パ、パ」とずっと話してくれました。

イルカのショーも、感動しました。



イルカは私達以上に、繊細な心を持っていて、人の気持ちがわかるんだろうなとイルカの優しさに学ぶものがおおかったです。



ふれあい広場では、娘と一緒に動物にエサをあげました。

うちには2匹ネコがいて、いつもネコと遊んでいる娘は動物を普通にさわります。
まだ噛まれたこともなく、こわいという意識がついてません。


サファリパークも車でまわりました。
近くで見る肉食動物は迫力がありました。

ライオンは、父が好きで、子供の頃よく絵を描いてもらったので
とても思い入れのある動物。 私も今まで何枚か描いたしこれからも描きたいです。



子供の頃の夢は、ライオンのふわふわのタテガミと一緒に寝ることでした。

大きな熊もいました。熊は仕草がとても可愛いです。



自然に囲まれて、とても楽しい旅行でした。

癒しと力をもらい、一回り大きくなって帰ってきたような気がしてます。

幸せな生活から学ぶこと

  • 2013.04.10 Wednesday
  • 10:02
個展がおわり、ゆったりとした毎日が少しずつ戻ってきました。
残ってる絵の配送、お礼状を書いたりとまだまだやることはありますが、娘との生活なので、できる範囲で進めています。

個展で、たくさんの人に絵を見ていただいたこと、多くの絵が羽ばたいていったこと、三月は沢山の嬉しいことがありました。

人と人って、繋がっているけれど、距離がある。
考えたり、物事を組み立てたり、成長したり、自分の生きる世界の景色を、人と共有することには限界があるように思います。
乗り越える時は孤独感を味わうこともある、幸福なときだって、1人でじんわりと幸せをあじわいます。
普段感じることがない潜在意識では多くのものと繋がってるのかもしれませんが、それをリアルに感じることはできない。
まあ、なにがリアルかわからない世界でもありますが、、。

そういうなかで、私は絵や文章をつかい、ふだん人とは共有できない世界を、展示することができ、そこで人と出会えたように思います。

まだまだ微力な私ですが、自分が突き進んできた道は間違ってはなかったのかなあ、このまま突き進んでいいのかもっと、ちょっとした自信のようなものが私のまわりを薄くくるんでいる感じで、安堵を感じています。

今まで、目に見えない世界の扉をあけていくとき、それを理解して受け入れてくれる人がいました。
人は人と対峙しながらではないとなかなか前に進めない気がします。それは、家族であったり、友達であったり、空想の人であったり、自分であったり。

人に助けてもらいながら、自分で自分を受け入れることで世界が広がる。世界が広がると自信がついて自分の土台がしっかりとしたものになり、もっと大きな世界の扉を開くことができる。

私はこれからもっと世界を広げていきたいと思います。
大きな世界の扉を開いていきたい。
そこには未知なる無限大の世界が広がっていて、私たちの生命が輝く世界が待っていると思うからです。

すぐに焦ってしまう私ですが
いまは、家族との時間を一番大切にしたい。
私は料理が好きなので、なんでも食べれるようになってきた娘にご飯を作り、家族で一緒に夕飯をいただくことに、大きな幸せを感じてます。







あたたかくなってきたので娘と散歩にいこうと思います。
数日前から、歩き出した娘が可愛くてたまりません 。
日々の生活を楽しもうとおもいます。





そんな生活の合間に、新しい作品も少しずつ描いています。

白鳥とお花の絵



ドレスの絵



calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

プロフィール

profilephoto

■名前 ふかさかみなみ
■職業 アーティスト(画家)
■家族 夫と娘
■住んでるところ 大阪
■趣味 料理・テーブルコーディネート・フラワーアレンジメント

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM